バックナンバー
1 番〜 20 番を表示 (全 513 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 26 »


【食中毒を防ごう】 [PDF]
【食中毒を防ごう】 [PDF]    2017-5-29 10:39    
気温と湿度が高くなる梅雨の季節は
細菌の増殖を活発にさせる条件がそろうため、
食中毒が増え始める時期です。

予防の3原則「つけない・増やさない・やっつける」
を心がけ、食中毒を防ぎましょう。

食材購入時の注意点や保存方法、調理時の注意点、
残った食品の扱い方など
家庭で防ぐポイントをご紹介します。
また、正しい手洗いの方法もご紹介しています。

【足のトラブル】 [PDF]
【足のトラブル】 [PDF]    2017-5-29 10:37    
気になる足先のトラブルはありませんか?
トラブルによっては、歩き方や動作を不自然にし
足首・膝・腰の痛みなどを起こしたり、全身にまで
影響を及ぼすこともあります。こまめに足先をチェックし、
早めの対策をしましょう。

・水虫
・巻き爪
・外反母趾
・内反小趾
・魚の目、タコ
それぞれの症状、予防、ケアをご紹介します。

【季節の食事<夏>】 [PDF]
【季節の食事<夏>】 [PDF]    2017-5-29 10:35    
日差しが強く外気温が高い夏はエネルギーを多く消耗します。
そして、大量に汗をかく一方で冷房で体が冷えてしまうこともあり、
食欲が低下し夏バテになったり、疲労を感じやすい季節です。

旬の食材を取り入れて、夏を乗り切りましょう!
おすすめの夏レシピをご紹介します。

・きゅうりとなすの香味和え
・モロヘイヤと梅のスープ
・葉生姜の肉巻き
・鱸のレモンソース 
など

【こどもの病気〜夏に流行る感染症〜】 [PDF]
【こどもの病気〜夏に流行る感染症〜】 [PDF]    2017-4-27 15:39    
夏は、高温多湿の環境を好むウイルスや細菌が活発化し、
また、こどもは暑さや食欲不振で体力が消耗し免疫力が
低下するため、以下の感染症が流行しやすい時季です。
・溶連菌感染症
・ヘルパンギーナ
・手足口病
・咽頭結膜熱(プール熱)
・流行性角結膜炎(はやり目)

これらの感染症の症状、注意事項、
かかってしまった際の対処法などをご紹介します。
また、感染や二次感染を防ぐために普段からできる対策もご紹介します。

【お弁当を作ろう】 [PDF]
【お弁当を作ろう】 [PDF]    2017-4-27 15:38    
外出が心地よい季節です。
おいしいお弁当を作ってお出かけしましょう。

お弁当作りのコツとレシピをご紹介します。
・いたまないコツ
・もれないコツ
・きれいに詰めるコツ
・冷めてもおいしいコツ

・抗菌食材を使ったレシピ
・のっけて完成、丼と麺のレシピ
・ワンハンドで食べられるレシピ
・みんなでシェアできるレシピ

【ながら運動】 [PDF]
【ながら運動】 [PDF]    2017-4-27 15:36    
忙しくて運動する時間がない方には、
何かの動作をしながら毎日気軽にできる
「ながら運動」がおすすめです。

メリットは、
・忙しくてもできる
・きつくないので続けやすい
・ストレスが少ない
・見た目以上の運動効果
などです。

・座りながら
・移動しながら
・家事をしながら
・くつろぎながら
できる「ながら運動」をご紹介します。
まずは姿勢と呼吸を整えてやってみましょう!

【春の紫外線・肌ケア】 [PDF]
【春の紫外線・肌ケア】 [PDF]    2017-3-30 15:02    
ぽかぽかと暖かくなり、お出かけが心地のよい季節です。
しかし、春は急激に紫外線量が増えるため、注意が必要です。

紫外線対策は体の内と外から!
日焼け止めや紫外線対策グッズを活用して外から肌を守り、
肌を健康に保つ栄養素を摂って、体の内側からも対策をしましょう。

日焼け止めの選び方・塗り方や、紫外線対策に効果的な栄養素、
紫外線を浴びた後のケアなどをご紹介します。

【洗濯のコツ】 [PDF]
【洗濯のコツ】 [PDF]    2017-3-30 15:01    
いつもの洗濯、なんでもそのまま洗濯機に入れて洗っていませんか?
ちょっと工夫をプラスすれば
衣類を守りながら汚れはさっぱり・気分もすっきり!

・洗濯の前に衣類をチェック!素材別の特徴や洗剤の選び方
・皮脂や泥、口紅、カレーなどの部分汚れ・シミ抜き方法
・色落ち、色移り、毛玉などのトラブル予防・対処法
・洗濯槽のお手入れ方法
・衣類を乾かすときのポイント
・部屋干しをするときのコツ   など

【肝臓をいたわろう】 [PDF]
【肝臓をいたわろう】 [PDF]    2017-3-30 15:00    
人体で最も大きな臓器で、全身の「代謝」と「解毒」を担う、肝臓。
細胞の生まれ変わりが活発になる春は、肝臓が疲れやすくなり
肝機能の低下やトラブルが気になる季節です。

お酒を飲まないから安心、とは言えません!
「デスクワークで運動不足」「外食が多い」「生活が不規則」
といったライフスタイルの乱れが原因で
脂肪肝や肝炎にかかる人が多くなっています。

肝臓をいたわる食生活や日常生活のポイント、
肝臓によい栄養素や食べ物などをご紹介します。
生活習慣を見直して、肝臓をいたわろう!

【整理整頓】 [PDF]
【整理整頓】 [PDF]    2017-2-27 12:01    
すっきり整った空間は見た目も心も清々しく、気持ちに余裕も持てます。
しかし「やり方がわからない」「モノが溜まって捨てられない」
「いつか使うかもと思って保管しているモノがたくさんある」など、
整理整頓が苦手な方は多いのでは?

片付けのポイントは、
出す・分ける・減らす・しまう、という手順で行うこと。
また、処分するか残すかの判断基準をしっかり決めておくことも大切です。

そのほか、収納スペースを増やす方法や
キレイな空間を保つコツなどもご紹介します。
整理整頓で過ごしやすい空間を作りましょう!

【季節の食事<春>】 [PDF]
【季節の食事<春>】 [PDF]    2017-2-27 12:00    
冬が終わり生命が活発に動き出す春。
新陳代謝が促進され、体をリセットする季節ですが、
暖かくなったり寒くなったりする春の気候の変化や
新年度による生活サイクルの変化など、ストレスによって
自律神経のバランスが乱れやすくなります。

体調を崩しやすい春を元気に過ごす食事のコツや
旬食材のおすすめレシピをご紹介します。

・ふきのおかか煮
・うるいの酢みそかけ
・菜の花ごはん
・あさりと春野菜のスープパスタ
・しらすとナッツの塩昆布サラダ  など

【足腰を鍛える】 [PDF]
【足腰を鍛える】 [PDF]    2017-2-27 11:59    
最近歩くのが遅くなった気がする、
座るとすぐ背もたれにもたれかかりたくなる…という方は、
徐々に筋力が衰えてきているのかも知れません。

加齢とともに筋力は衰えやすいもの。
歳を重ねても元気に過ごすために、
足腰を鍛えて筋力をつけましょう!

小さな負荷でゆっくり動く「スロトレ」は
効果的に筋肉を鍛えられます。
シニアや運動に慣れない方にもおすすめのスロトレをご紹介します。

【PMS】 [PDF]
【PMS】 [PDF]    2017-1-27 12:19    
PMSとは月経前症候群のことで、
月経が始まる3〜10日くらい前から不快な症状が起こります。
イライラしたり、落ち込みやすくなるなどのココロの症状や、
頭痛・眠気・乳房のはりなどのカラダの症状があり、
人によってさまざまです。

症状を把握して、適切に対応すれば改善することができます。
適度な運動や効果的な食材選びなど、
自分に合った対策を生活に取り入れて、
PMSを上手く乗り切りましょう。

【脳を鍛える】 [PDF]
【脳を鍛える】 [PDF]    2017-1-27 12:17    
「顔は思い浮かぶのに名前が出てこない」
「3歩進んだら何をしようとしていたのか忘れた」
ということが増えてきたら、
脳の衰えが始まっているのかも知れません。

普段の暮らしの中で脳は鍛えられます。
老化だから仕方ない…と諦めてしまわず、
脳を活性化させましょう。

家事や仕事は慣れた方法ばかりでなく、
少しだけやり方を変えてみる、
ときには手間をかけて、丁寧にやってみる、
前向きな気持ちで暮らしを楽しむ…など、
毎日の暮らし方や家事の中でできる脳力UP法をご紹介します。

【メンタルヘルスと食事】 [PDF]
【メンタルヘルスと食事】 [PDF]    2017-1-27 12:15    
メンタルヘルスとは「心の健康」のことで、
日常生活を送る上でとても大切です。
元気がない、怒りっぽくなる、うつ状態になるなどの不調には、
ストレスだけでなく生活習慣が影響し、
中でも「食生活」と深い関わりがあると考えられます。

メンタルヘルスを良好に保つには
脳の健康維持に必要な栄養素を十分に摂ることや、
早食いなどの不規則な食習慣を見直して、
心の休息になる食べ方に変えることが大切です。
メンタルヘルス対策レシピ、メニューもご紹介しています。
できることから始めてみましょう。

【血糖値】 [PDF]
【血糖値】 [PDF]    2016-12-27 11:55    
血液中に含まれるブドウ糖の量を血糖値といいます。
「インスリン」というホルモンにより、血糖値は一定に保たれていますが、
インスリンが十分に働かなくなると高血糖状態が長時間続いてしまい
血管に負担がかかったり、動脈硬化や脳卒中、
糖尿病などの原因となります。

高血糖を招く要因はほとんどの場合が乱れた生活習慣です。
普段の生活習慣を見直すポイントや、
血糖値の上昇を抑える食事のコツをご紹介します。

【気になるもれ】 [PDF]
【気になるもれ】 [PDF]    2016-12-27 11:52    
「前触れなく急な尿意を感じる」
「くしゃみをしただけでもれる」
「我慢がきかず、もれてしまう」…など
尿もれは、年齢や性別を問わず、誰にでも起こる症状です。
高齢の方に限らず、若い年代にも増えており
実は多くの方に『もれ』のお悩みがあります。

尿もれ(尿失禁)は大きく分けて、
腹圧性尿失禁・溢流性尿失禁・切迫性尿失禁・機能性尿失禁の
4つのタイプがあります。

『もれ』が気になったら、恥ずかしいから…と1人で悩まずに、
泌尿器科を受診し、適切なケアを始めましょう。

【乳酸菌】 [PDF]
【乳酸菌】 [PDF]    2016-12-27 11:50    
糖質(ブドウ糖・オリゴ糖・乳糖など)を栄養にして発酵し、
乳酸を作り出す菌を乳酸菌と呼んでいます。
人体にもたらすメリットは多く、
健康によい効果が次々に解明されています。

乳酸菌によって、腸内の悪玉菌の増殖が抑えられ、
腸内環境が改善されたり
体を守る免疫システムの働きがよくなるなど、
目に見えないほど小さな乳酸菌には、大きな可能性が秘められています。

乳酸菌の働きや上手な摂り方のポイント、
乳酸菌を手軽に摂れるレシピをご紹介します。

・乳酸キャベツ
・ヨーグルト漬
・乳酸菌入りポテトサラダ
・乳酸菌カクテル     など

【上手なお酒の飲み方】 [PDF]
【上手なお酒の飲み方】 [PDF]    2016-11-29 12:23    
年末年始が近づくと、お酒を飲む機会が増えます。
お酒は、血行が良くなり緊張がほぐれるなど
良い効果もたくさんありますが、
飲み過ぎてしまうと体調を崩してしまいます。

健康的に楽しく過ごすため、
酒類別のアルコール量や
悪酔い防止のおすすめおつまみ、注意事項など
飲み方のポイントをご紹介いたします。

正しい知識を持って上手にお酒と付き合いましょう。

【季節の食事<冬>】 [PDF]
【季節の食事<冬>】 [PDF]    2016-11-29 12:22    
空気が乾燥し、体が芯まで冷える冬。
免疫力が落ち、不調も現れやすくなります。
鍋やスープなど体を温める食べ物や、
旬の食材を取り入れて体調を整えましょう。

冬の健康に役立つおすすめ食材とレシピをご紹介いたします。

・牡蠣の豆乳グラタン
・変わりだれ水炊き
・生姜もずくスープ  など

体を冷やす食材でも加熱したり
工夫を加えると冷えを防ぐ効果があります。
様々な食材を組み合わせてバランスよく摂りましょう。

1 番〜 20 番を表示 (全 513 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 26 »
文字サイズ: