バックナンバー
1 番〜 20 番を表示 (全 531 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 27 »


【冬の運動】 [PDF]
【冬の運動】 [PDF]    2017-11-29 12:08    
寒さが厳しく、体を動かすのが億劫な季節ですが、
体を動かさずにいると筋肉は硬くなり衰えてしまいます。

寒い冬でも室内で手軽に取り組める運動をご紹介します!
硬くなった筋肉をほぐして血流をよくし、体が温まる「ストレッチ」
筋肉を収縮させ、筋肉を鍛える「筋力トレーニング」
しっかり呼吸をして酸素を取り込みながら行う「有酸素運動」を
組み合わせて行うのが効果的です。

室内運動で冬の運動不足を解消しましょう!

【高血圧】 [PDF]
【高血圧】 [PDF]    2017-11-29 12:07    
日本人には高血圧の方が多いと言われています。
高血圧は動脈硬化・脳卒中・心疾患など、あらゆる病気の危険因子。
高血圧の方の90%以上は、
食塩の摂りすぎ、肥満、運動不足などの生活習慣や
遺伝的な体質が関係していると考えられています。

血圧を正常に近づけるために、生活習慣を改善しましょう!
・運動を取り入れる
・塩分を上手にコントロール
・冬の急な血圧上昇に気をつける
など、生活のポイントをご紹介しています。

【お薬の飲み方・使い方】 [PDF]
【お薬の飲み方・使い方】 [PDF]    2017-11-29 12:06    
薬は正しい使い方をして初めて薬となります。
すべての薬には、不調を改善し病気を治療する主作用(効果)と副作用があり
自分自身の健康に責任を持つためにも、正しい使い方を知ることが大切です。

薬を安全に使うための基本ポイント、
飲み薬の正しい飲み方、
散剤・顆粒剤・錠剤・カプセル剤・水剤などの形状ごとの注意点や
貼り薬、塗り薬、目薬の正しい使い方をご紹介します。
わからないことや疑問があったら、遠慮をせず薬剤師に相談しましょう。

【お風呂を安全に楽しむ】 [PDF]
【お風呂を安全に楽しむ】 [PDF]    2017-10-30 12:51    
湯船にゆっくりつかる入浴には、温熱効果・水圧効果・浮力効果があり
血行をよくして新陳代謝を高め、疲れをやわらげたり、
筋肉の緊張をほぐしてリラックスできるなどのメリットがあります。
しかし、冬には「浴室熱中症」や「ヒートショック」などの
お風呂での事故も増加しています。

脱衣所や浴室を暖めて各部屋の温度差を小さくする、
熱すぎるお湯につからない、長時間の入浴は避ける、などの
安全なお風呂の入り方を知り、冬のお風呂を楽しみましょう。

【冬を楽しむ鍋レシピ】 [PDF]
【冬を楽しむ鍋レシピ】 [PDF]    2017-10-30 12:46    
寒い日は、鍋を囲んで温まろう!
冬の定番・鍋料理は、旬を味わいながら体の中から温まれるだけではなく
調理に手間がかからず、いろいろな栄養が摂れるなど、いいことがたくさん。
おいしい鍋を作るちょっとしたコツや、
日本各地の郷土鍋レシピなどをご紹介します!

・石狩鍋(北海道)
・ほうとう鍋(山梨)
・いも煮鍋(山形)
・牡蠣の土手鍋(広島)
・もつ鍋(九州・関西地方)
・異国の鍋:スンドゥプチゲ風(韓国)
・異国の鍋:スチームボート風(マレーシア)

【感染性胃腸炎】 [PDF]
【感染性胃腸炎】 [PDF]    2017-10-30 12:45    
感染性胃腸炎とは、病原体の感染により
嘔吐や下痢といった胃腸の症状が現れる感染症です。
原因となる病原体は、大きく分けて、ウイルス性と細菌性があり、
ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎は冬に多く発生し、
細菌性胃腸炎は食中毒として夏を中心に発生が増加する傾向があります。

こまめな手洗いや、食事に気を付けて、感染・発症を防ぎましょう!
正しい手洗いの方法や調理のポイントをご紹介します。
また、二次感染を広げないため、吐物の処理・消毒方法もご紹介しています。

【インフルエンザ】 [PDF]
【インフルエンザ】 [PDF]    2017-9-28 11:17    
毎年12月頃から流行するインフルエンザですが、
今年は例年より早い流行の兆しがあるようです。

感染しないための予防方法、感染した際のケアの仕方を
ご紹介します。

予防方法
・正しい手の洗い方
・適度な湿度
・体調管理
・予防接種 など

ケアの仕方
・早めの医療機関の受診
・十分な休養と水分補給 など

【スマホと目】 [PDF]
【スマホと目】 [PDF]    2017-9-28 11:15    
スマートフォン(以下スマホ)の画面を見過ぎていませんか?
小さな画面の中の文字を凝視することで目の負担が大きくなります。
目の奥が痛む・乾く・涙が出るなどの目の症状だけではなく、
肩こり・頭痛・イライラ・不眠など、全身に影響を及ぼすことがあります。

また、スマホを長時間見た後、遠くを見るとぼやける「スマホ老眼」
と呼ばれる症状も増えています。

日々できる対策やトレーニングで目のダメージを防ぎましょう。
対策
 ・目から離して使用する ・ブルーライトの刺激を減らす
 ・温める/冷やす ・十分な睡眠をとる など

トレーニング
 ・目をギュッと閉じパッと開く
 ・遠近ピント合わせ
 ・視線を移動する眼球運動
 ・目を回転させる眼球運動 など

【乾燥対策】 [PDF]
【乾燥対策】 [PDF]    2017-9-28 11:14    
秋は湿度が低く空気が乾燥し、体の潤いが失われやすい季節です。
肌と喉を乾燥から守りましょう。

肌の乾燥対策
・入浴時のコツ
・効果的な保湿の仕方
・肌の乾燥を防ぐ栄養素

喉の乾燥対策
・部屋の加湿方法
・水分補給
・喉の粘膜をいたわる

また、手作り加湿器の作り方など、
ちょっとした暮らしのテクニックもご紹介しています。

【防災対策〜地震に備えよう〜】 [PDF]
【防災対策〜地震に備えよう〜】 [PDF]    2017-8-28 11:05    
9月1日は『防災の日』です。
災害について認識を深める機会にし、日頃からもしもの時に備え
準備、確認をしておきましょう。
今回は地震対策を中心にご紹介します。

・家の中の安全対策
・地震発生時の行動
・防災グッズの備え(0次・1次・2次持ち出し品)
・ローリングストック法
・安否確認の仕方

【季節の食事 秋】 [PDF]
【季節の食事 秋】 [PDF]    2017-8-28 11:03    
朝晩の気温が低くなり、涼しく爽やかな秋。
夏場よりも過ごしやすいのですが、
一方で体調を崩しやすい季節です。

秋が旬の食材には、夏の疲労を回復させたり
エネルギーのもとになるものが豊富にあります。
食べ方をひと工夫して、秋を健康に過ごしましょう。

秋の食材を使ったおすすめレシピをご紹介します。
・「かぼちゃの豆乳ポタージュ」(胃腸にやさしい)
・「柿とハヤトウリのマリネ」(潤いを保つ)
・「青梗菜と舞茸のオイスターソース炒め」(風邪予防)
など

【脳力アップトレーニング】 [PDF]
【脳力アップトレーニング】 [PDF]    2017-8-28 11:02    
脳は加齢により機能が低下しやすく
使わないと衰えますが、年齢に関係なく、
脳をたくさん使うと血流が高まり、
働きがよくなって情報がスムーズに
流れるようになります。
脳を鍛える「脳トレ」で脳力アップを
目指しましょう!

・指の体操
・仲間はずれ探し
・展開図あて
・単語あて
・いらない数探し
などの問題をご用意しています。

【簡単・手間いらずレシピ】 [PDF]
【簡単・手間いらずレシピ】 [PDF]    2017-7-27 10:44    
暑さで疲れやすいこの時季は料理もおっくうになりがちです。
なるべく手間を省いて簡単・快適に調理しましょう!
火を使わない、包丁&まな板を使わない、フライパンひとつでできる…といった
短時間でできる簡単レシピをご紹介しています。

・レンジでできる蒸し鶏
・漬けるだけ!コールスローサラダ
・ワンパン和風パスタ
・もう一品ほしい時の作り置きレシピ  など

【不足しがちな栄養素】 [PDF]
【不足しがちな栄養素】 [PDF]    2017-7-27 10:43    
毎日きちんと食事を摂っていても必要な栄養素が不足していることがあります。
病気ではないけれど元気がない、体がだるいと感じたら
特定の栄養素が不足している「新型栄養失調」かもしれません。
高齢の方、ダイエット中の方、偏った食事が多い方は特に注意が必要です。

栄養素ごとに、不足すると現れやすい症状や多く含まれる食品、
補い方のコツをご紹介しています。
充分な栄養素を満たしているか見直してみましょう。

・ビタミンA
・カルシウム
・ビタミンB1
・食物繊維
・鉄
・タンパク質

【色々なコミュニケーションのしかた】 [PDF]
【色々なコミュニケーションのしかた】 [PDF]    2017-7-27 10:41    
コミュニケーションとは、気持ち・意見などを相手に伝えることです。
しかし何らかの障害があったり体が不自由な方は
一般的なコミュニケーションが難しい場合があります。
困っている方を見かけた、何かを伝えたい…
そんな時はこちらから歩み寄り、相手に合わせた方法で
コミュニケーションをはかりましょう。

今回は様々なコミュニケーションのしかたを
ポイントとともにご紹介します。

・話し方‐声かけ、読話
・筆談のコツ
・手話‐よく使う挨拶
・日本語式指文字‐指であらわす50音  など

【夏の肌トラブル】 [PDF]
【夏の肌トラブル】 [PDF]    2017-6-29 11:07    
夏は強い紫外線や菌の増殖しやすい環境に加え、肌の露出が増えるため
肌のトラブルを起こしやすい季節です。
適切な予防と早めのケアを行い健やかに夏を過ごしましょう!

・日焼け
・あせも、かぶれ
・虫刺され(蚊、ブヨ、蜂、毛虫)
・とびひ、水いぼ
の予防、ケアについてご紹介しています。

【フレイル予防】 [PDF]
【フレイル予防】 [PDF]    2017-6-29 11:06    
フレイルとは、介護が必要になる一歩手前の状態のことをいいます。
体力が衰えて動作が遅くなったり、転倒しやすくなる「身体機能の低下」、
認知機能の低下やうつ病といった「精神・心理的問題」、
家に閉じこもり社会との関わりがなくなる「活動性の低下」などの
要因がフレイルを招き、要介護状態へと進行させてしまいます。

フレイルの要因のひとつ、筋力や筋肉量が減った状態を
「サルコペニア」といいます。
筋肉を鍛え、増やすことで、サルコペニアを防ぎ
フレイルの予防にも繋がります。
寝たきり予備軍にならないために、フレイル対策を始めましょう!

・運動で筋肉を鍛える
・食事で筋肉を増やす
・社会や人との関わりを持ち、心身を活性させる

【始めてみよう ヨガ】 [PDF]
【始めてみよう ヨガ】 [PDF]    2017-6-29 11:04    
ヨガは古代インドの修行法を基にした柔軟運動です。
「ポーズ・呼吸・瞑想」の3つの要素を取り入れて、心と体をより良い状態に
導きます。肩こり、腰痛、冷え、うつや高血圧など、体の不調を改善すると
言われています。

この冊子では、比較的簡単なポーズをご紹介します。
・ヨガの呼吸法
・瞑想の仕方
・太陽礼拝のポーズ(ヨガの基本)
・杖のポーズ
・無空のポーズ  など

【食中毒を防ごう】 [PDF]
【食中毒を防ごう】 [PDF]    2017-5-29 10:39    
気温と湿度が高くなる梅雨の季節は
細菌の増殖を活発にさせる条件がそろうため、
食中毒が増え始める時期です。

予防の3原則「つけない・増やさない・やっつける」
を心がけ、食中毒を防ぎましょう。

食材購入時の注意点や保存方法、調理時の注意点、
残った食品の扱い方など
家庭で防ぐポイントをご紹介します。
また、正しい手洗いの方法もご紹介しています。

【足のトラブル】 [PDF]
【足のトラブル】 [PDF]    2017-5-29 10:37    
気になる足先のトラブルはありませんか?
トラブルによっては、歩き方や動作を不自然にし
足首・膝・腰の痛みなどを起こしたり、全身にまで
影響を及ぼすこともあります。こまめに足先をチェックし、
早めの対策をしましょう。

・水虫
・巻き爪
・外反母趾
・内反小趾
・魚の目、タコ
それぞれの症状、予防、ケアをご紹介します。

1 番〜 20 番を表示 (全 531 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 27 »
文字サイズ: